佐竹化学機械工業は、撹拌機の主力製品「マルチSミキサー」をフルモデルチェンジする。新製品は、撹拌機の減速機シール部分を自社開発した新機構により、完全無漏洩型とした。化学、食品、医薬品、水処理プラントなどの撹拌機市場では近年、メカニカルシール部分からのオイル漏れによるコンタミネーション対策が重点テーマとなっている。同社は2020年から新製品の販売を開始し、市場でのアドバンテージを確保したい意向だ。続きは本紙で

減速機構に完全無漏洩型シールを採用。オイル漏れを防止する

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る