信越ポリマーは、ポリチオフェン系導電性ポリマー「セプルジーダ」の新製品として粉体品を開発した。従来の液状製品の製造工程にフリーズドライの工程を加えて乾式タイプとしたもので、高固形分スラリー作製など粉体混合用途で使用できる。12月4日から幕張メッセで開かれる高機能プラスチック展に出展し、市場性を探る。続きは本紙で

左から開発した粉体、既存品、60倍に希釈したもの

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る