信越ポリマーは、高摺動性コンパウンドで射出成形分野の開拓に拍車をかける。自動車分野に提案中のオレフィン系に加え、新たにウレタン系熱可塑性エラストマー(TPU)でも射出グレードを開発。粘着性のないさらっとした触感と柔らかなゴム弾性を両立したことが特徴で、スポーツ用品や玩具をはじめ、肌触りの良さを生かして手に触れたり身に着けたりする用途に提案を始めている。難燃性も優れており、各種雑貨から工業用途まで幅広い用途での採用を狙う。


高摺動性コンパウンドの試作例。手前のEC-500はTPU製の押出品、奥のSX-200はオレフィン系の射出品

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る