八千代工業は、新たに樹脂製バックドアモジュールを開発した。ホンダ・ベゼルをベースとした試作品は、アウター素材にPP(ポリプロピレン)を、インナー素材にガラス繊維強化PPを使用するとともに、リアガラスにはPC(ポリカーボネート)を採用。実用に耐え得る剛性を確保しつつ既存モジュール(金属製)に対して約40%の軽量化を実現した。同社は自動車向け樹脂部品事業をコア事業と位置付けており、設計開発・組立技術を軸にモジュール製品の規模拡大を推進する。続きは本紙で

大型射出成形機を活用した試作品

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る