ポリフェニレンサルファイド(PPS)コンパウンダーの出光ライオンコンポジットは、高機能品の提案に軸足を移す。車載センシング用途を主力に、PPSの持つ機械的特性に”プラスα”の機能を合わせて訴求する方針。フッ素や炭素繊維(CF)を充填することで、摺動性や電気特性などを発現させていく。2021年度までには高機能品の出荷比率を現状の40%から50%へ高める考えだ。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る