加藤産商はマレーシアビジネスの強化に向け同国でゴム需要を深耕する。非日系顧客への販路を拡大するなかで、欧州系の機械ベルトメーカーに向けた提案に注力する。色物も含めた高品質品の拡販を図っており、すでに昨年12月には黒物・色物の両方を手掛ける現地のゴムコンパウンド生産拠点で設備更新も実施。練り加工時の対応硬度を広げている。欧州系の機械関連メーカーに販路を拡大することで、同国のゴム関連需要を取り込む考え。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る