加藤産商は設備メンテナンス事業の強化に向け、海外製商材の提案を加速する。同ビジネスの主力となる専門部隊「設備チーム」の活用を加速する考えで、このほど同チームを海外部に移管した。輸入機器の取り扱いをメインとするなかで、新規性商材の探索力強化とその円滑化を狙いとしている。また主要顧客のゴム関連メーカーに加えて、設計・施工関連企業へも提案を進めていく考え。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る