【シンガポール=中村幸岳】食品・飲料や日用品業界で、世界的に包装材料の「モノマテリアル化(単一素材化)」が強まっている。グローバルブランドが包材の完全リサイクル方針を相次いで表明するなか、再利用しやすくするため、化学企業が単一樹脂・素材によるバリア性や耐久性の実現を求められることが増えそうだ。大幅な素材転換も予想されるだけに化学業界は難しい対応を迫られるが、大きな商機にもつながる。先進国のみならず新興国でも早めの対応が求められる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る