北村化学産業は日本製紙と環境に優しい食品容器の実用化に向けた共同開発に乗り出した。樹脂量を従来に比べ約4割削減した北村化学産業の「耐熱PSPバリアトレー」と、日本製紙の「シールドプラス」を用いた紙製トップフィルムを組み合わせることで樹脂量を大幅に削減するとともに、ガスバリア機能により賞味期限が延長でき、食品ロスも減らせる。電子レンジにも対応することから、コンビニエンスストアなどで販売される総菜向けに採用を目指していく。続きは本紙で

「耐熱PSPバリアトレー」と日本製紙の「シールドプラス」の組み合わせ

「エコラミバリアトレー」とシールドプラスの組み合わせ

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る