北海道大学触媒化学研究所清水研一研究室の古川森也准教授ら研究グループは、メチルシクロヘキサン(MCH)脱水素プロセスのコストダウンを可能とする新規触媒を開発した。白金、鉄、亜鉛の3種類の金属からなる合金材料を用いることで、既存触媒に比べ高い活性と選択性、耐久性を示す高性能触媒を実現した。MCHは、有力な水素キャリアとして期待されているが、脱水素プロセスのコストに課題がある。古川准教授らは今後、企業と連携した実証試験を目指す考えだ。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る