千代田化工建設は、洋上風力発電分野へ参入する。海外で大型プロジェクトを実施した経験を生かし、内外のサプライヤーと連携して一括受注を目指す。昨年11月末に一般海域での洋上風力発電開発を促進する法律が成立したことから、日本でも事業化に向けた動きが加速すると予測している。同社の電力・エネルギー関連事業は実績ある太陽光発電設備に今期、バイオマス発電、蓄電池システムを事業領域に加えている。中期的には、高い成長が期待される洋上風力発電分野に注力するとともに、次世代エネルギーである水素サプライチェーン(SC)の構築を進める。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る