千代田化工建設は先端医薬医療設備エンジニアリングの提案を強化する。同社は前期、バイオ医薬品製造プラントおよび再生医療技術を対象とする二つの開発室を設置し、大学などの研究機関や製薬企業との連携によるプロセス開発や事業化検討を進める体制を整えている。また、国内トップの実績がある中分子医薬品製造プラントでは、設計・調達・建設(EPC)の受注だけでなく、プロセス開発に関する知財戦略も進める方針で、製造装置販売や顧客に対するコンサルタントサービスを提供していくことを検討する。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る