千代田化工建設はJXTGエネルギー、コスモ石油と共同で、製油所におけるプラントデータ収集および共有活用を実現する「保安高度化プラットフォーム」の社会実装を促進する技術実証を行う。同事業は製油所から得られる保全データを匿名化して収集・共有するシステムを構築するもの。将来、石油業界で共有されることが期待される保安高度化プラットフォームの実用化に貢献することを目的としている。20年度までは会員3社による試験導入を行い、21年度以降は会員社を増やして実導入を進めていく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る