足元の米中摩擦や韓国に対する日本の輸出管理強化などを教訓とし、中国政府は半導体材料の国産化を急ぎ始めている。まずは参入しやすいバルクケミカルから手がけ、外資の技術導入を進めながら、中芯国際集成電路製造(SMIC)など国産メーカーの使用に耐え得る製品開発を促す方針だ。各地方政府も資金面で全面支援に乗り出している。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る