協友アグリは、イネの主要害虫であるウンカ類に卓効を示す新規殺虫成分ピラキサルト(一般名・トリフルメゾピリム)を含有する水稲用育苗箱処理殺虫殺菌剤「防人(さきもり)箱粒剤」、「箱維新(はこいしん)粒剤」の農薬登録を9月26日付で取得し、主要品目の戦列に加える。難防除である飛来性ウンカをはじめ水稲の各種主要病害虫に対し優れた効果があり、農業生産者のニーズに幅広く対応できる。2019農薬年度からJAグループを通じ、市場投入の予定。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る