協栄産業は、PETボトルのボトル・トゥ・ボトル(BtoB)リサイクルにともなうCO2排出量を大幅に抑える新設備を茨城県笠間市で稼働させた。回収ボトルを粉砕したフレークから直接再生ボトルの原型となるプリフォームを成型する世界初の工場となる。従来法に比べ工程を省略したことでCO2排出量をプリフォーム1㌔㌘当たり約25%削減できる。アジア各国で廃プラスチックの輸入規制が拡大するなか、低炭素という価値を一層高めることでPETボトルの国内循環を加速させる。

経営の最新記事もっと見る