安全性が確認されている物質のみを食品包装容器の原材料に使用するポジティブリスト(PL)制度の運用開始を1年後に控え、厚生労働省は13日、収載物質の暫定リストにあたる「物質リスト整理表」を公開した。構造が同じポリマーでも原料が異なる場合は別のポリマーとして扱う考えが示されており、同日開かれた検討会では、PL制度の範囲外にある原材料メーカーも制度の対象となる懸念が指摘された。今後適宜物質を修正、追加して最終的な告示案を作る。続きは本紙で

PL制度では安全性が確認されている物質のみを原材料に使用する

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る