古河電気工業は、情報通信ソリューション事業の光ファイバーケーブルを強化する。主力の高密度多芯光ケーブル(ローラブルリボンケーブル)は北米拠点を増強し、今年度中に売り上げ規模を2016年度比15倍に拡大する。光母材の増強と合わせケーブルはモロッコ、コロンビアの拠点への追加投資で生産能力を数倍に高める。北米でのデータセンター(DC)投資復調や国内の利用拡大に加え、5G(第5世代通信)によるデータ量増大も見据え、20年度営業利益は200億円と18年度比倍増を目指す。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る