【台北=清川聡】台湾の李長栄化学(LCY)は、熱可塑性エラストマー(TPE)事業で投資を拡大する。主力製品であるスチレン―ブタジエンブロック共重合体(SBC)を対象に、米国および中国で生産能力の拡大を視野に入れる。それぞれ年3万トン規模の生産設備を新設する方向で検討中。また、かねて新規投資の候補としている欧州についても事業化調査を継続していく。インフラ関連や接着剤向けなどで伸びるSBC需要に対応するため、アジア太平洋、米国、欧州の世界3極における供給体制を強化する。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る