台湾の日系電子部材各社が成長戦略を鮮明化してきた。半導体部材が台湾内需向けなのに対してフラットパネルディスプレイ(FPD)部材は中国市場を狙う。世界最大の半導体受託生産会社を抱える台湾は最先端プロセス向けの大型設備投資が続いているとあって三菱ケミカルや三井化学、信越化学工業などが供給拡大と技術開発に邁進している。これに対して住友化学やJSR、ADEKAなどは液晶パネルの内需縮小を見越してグローバル化を一段と進めている。

半導体産業の将来性を語るTSMCの張忠謀氏

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る