台湾の太陽電池(PV)メーカー3社が合併して誕生した聯合再生能源(URE)は、高付加価値品の提案で世界市場に攻勢をかける。マルチバスバーやハーフセル、PVセル内に光を閉じ込めるフィルムの採用など、新技術を適用した製品を主力に据える方針。現状で年1・1ギガワットのモジュール生産能力を2019年には1・6ギガワットに引き上げ、まずは旺盛な台湾市場の深耕を図る。将来的には同3~4ギガワットへと拡大し、全世界へ高品質モジュールを供給する考えだ。

18本のマルチバスバーセルを搭載

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

 

先端材料・部材の最新記事もっと見る