昨日に続き台風19号の話題。先の連休を利用して会社の同僚らと長野・上諏訪温泉に旅行した。出発は11日金曜日。中央本線は計画運休が予定されていたが、変更ができない格安パッケージなので、何とかなるさと軽い気持ちで特急「あずさ」に乗り込んだ。一人は出発寸前に取りやめた▼ホテルの部屋はキャンセルが相次いだのか特別室。4人ではもったいないくらいに広い。夕食には山盛りの蟹がサービスでついた。一同、非常に満足▼12日。案の定、風雨が激しくなる。「あずさ」は計画運休となったため違うホテルを予約。予定していた酒蔵巡りに出かけたが、お客が来ないと思ったのか、ほとんどが午前中で店じまい。ホテルでテレビの台風情報に釘付けとなる▼13日朝、天気は回復したものの、中央本線が途中区間で不通になったことを知る。帰りの高速バスはすでに満席。さらに一泊を覚悟し、14日の高速バスの席を押さえて一安心。しかし、中央高速道も不通になり高速バスが運休。復旧の見込みは立たないという▼万事休すかと思われたが、最後の手段が残っていた。塩尻へ北上し中津川経由で名古屋に出るルートだ。幸い午後3時過ぎに一番電車が発車。無事乗り継いで「のぞみ」に乗車、13日中に帰宅できた。まさしく「行きはよいよい帰りは怖い」の旅行だった。(19・10・18)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

精留塔の最新記事もっと見る