合成ゴム製グローブの需要拡大にともない、産業チェーン全体で投資機運が高まっている。川下のゴム手袋メーカーは大手を中心に継続的に増産投資を実施中。原材料メーカーも供給体制を強化しており、直近では韓国の錦湖石油化学が同国におけるアクリロニトリルブタジエンゴム(NBR)ラテックスの生産増強を決定。その他のNBRメーカーや、NBRの原料メーカーの生産設備も高稼働が続いており、早期の増産も視野に入る。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る