名古屋工業大学の増田秀樹名誉教授の研究グループは、生物模倣型触媒を用いて常温低圧でアンモニアを製造するプロセスを開発した。再生可能エネルギーと水、窒素を原料としてアンモニアを合成するもので、従来プロセスに比べ環境負荷を大幅に低減している。日揮が開発に協力しており、パイロットレベルの実証を検討する方針。地産地消型の中小規模のアンモニアプラントを想定している。アンモニアは化学原料や肥料のほか発電燃料としての用途が期待されており、CO2フリーかつ低環境負荷の製造プロセスとして期待される。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る