味の素はiPS細胞(人工多能性幹細胞)の増殖や分化・誘導の際に添加する「成長因子」の品揃えを強化する。iPSで作製した細胞や組織の再生医療としての臨床応用が増えるなか、細胞を増やす主材料の培地だけでなく成長因子も高い品質が求められている。同社では動物由来原料を含まない新製品の製造技術を相次ぎ確立。GMP対応設備での量産にも対応し、国内だけでなく米国など海外需要の取り込みにも力を入れる。続きは本紙で

味の素は動物由来原料を含まない再生医療用成長因子の品揃えを広げる(写真はアクチビンA)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る