血液中のアミノ酸濃度を調べ、疾患のリスクを評価する「アミノインデックス」。事業展開する味の素が4月から脳卒中と心筋梗塞のリスク評価項目を新たに増やし、サービス枠を拡充させる。1回の採血で、がん、脳卒中、心筋梗塞の三大疾病の発症リスクがいっぺんに評価できるのは、日本では初めてとなる。これまで気の進まなかった生活者も、以前から実施している糖尿病の評価も合わせ充実したサービスに、受診への関心を高めることになりそうだ。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る