CO2排出削減に役立つ液化天然ガス(LNG)燃料船の活用が進む見通しだ。すでに外航大型船では天然ガスと重油の両方を使える2元燃料エンジン(ME-GIエンジン)による運航が始まっている。国内では大型船への搭載が遅れていたが、国土交通省と環境省は、LNG燃料船の普及促進に向けた補助事業をスタートさせた。こうした動きは国内の造船重機、産業機械メーカーにとっても追い風になりそうだ。


三井E&Sの燃料ガス供給システム

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る