国内タイヤメーカーがスマートファクトリー化を加速させている。IoT(モノのインターネット)/AI(人工知能)技術を用い製造現場のデータを集約し、解析する次世代システムの構築を推進。グローバル規模で歩留まりや効率、品質のさらなる向上を目指す。近年、タイヤ各社は付随するサービスを一括提供するビジネスモデルの構築に向けて、バリューチェーンのデジタルトランスフォーメーションを推進しており、スマートファクトリーもこの一環。こうした取り組みを新製品やサービスの開発といった付加価値創出へつなげる考えだ。続きは本紙で

ブリヂストンが彦根工場に導入したAIを実装した最新鋭タイヤ成形システム

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る