国立感染症研究所の長谷川秀樹感染病理部長らは、経鼻の遺伝子組み換え抗体インフルエンザワクチンを開発した。同ワクチンは粘膜で感染防御に関与するIgA抗体の多量体の防御能力が高いとの知見に基づいている。同研究所が創製した経鼻型インフルエンザワクチン(開発番号)は、阪大微生物病研究会(BIKENグループ)が第2相臨床試験中(P2)だが、長谷川氏は新開発の経鼻インフルエンザも内外ワクチンメーカーとの臨床開発に取り組む意向だ。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る