埼玉大学大学院理工学研究科の戸澤譲教授、農研機構の共同研究グループは、「コシヒカリ」など日本型(ジャポニカ)イネから除草剤への抵抗性がある遺伝子「HIS1」を発見した。また、同遺伝子の産生する酵素が、雑草を白化させる4-HPPD阻害剤であるトリケトン系除草剤を不活性化する仕組みを分子レベルで解明した。除草剤と抵抗性遺伝子の組み合わせを増やし、交配育種により見つけた遺伝子を抵抗性のないイネ品種に導入して新品種を育成することで、より多くの雑草の防除に使える可能性がある。共同研究グループでは知見を生かし、有効な雑草管理技術につなげたい考え。続きは本紙で

感受性のあるモミロマンとハバタキは白化し、抵抗性遺伝子を持つコシヒカリは順調に育っている(トリケトン系除草剤ベンゾピシクロンを処理したほ場)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る