堺化学工業は、独自の還元焼成技術を駆使し微粒子の導電性酸化チタンを開発した。酸化チタン単体で創製し、ミクロンオーダーかつカーボンと同程度の導電性を有するものは極めて珍しい。また、カーボンより優れた高電位安定性も確認している。今後はカーボン代替の視点で、固体高分子形燃料電池(PEFC)電極材料や電気的な負荷が発生する電子部材といった用途を見据え、サンプルワークを進めていく。

カーボンより優れた高電位安定性も確認。電極触媒に用いれば腐食リスクを低減する

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る