堺化学工業は積層セラミックコンデンサー(MLCC)用誘電体材料である高純度炭酸バリウムの生産能力を増強する検討を開始した。年内にも小名浜事業所(福島県いわき市)の設備増強を意思決定する。投資額は数億円規模になる見込み。MLCCはハイブリッド車(HEV)、電気自動車(EV)などの普及により、車載用途の需要が拡大している。同業他社も需要家のニーズに対応して生産能力を増強しており、同社は採算性を見極めたうえで設備投資に踏み切る考え。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る