- 昨年を振り返って。

 「11月までは輸出を含め事業全般で堅調に推移したものの、12月ごろから中国景気の減速を受け電子材料関連で影響が出てきた。とはいえ国内需要は堅調で売上高は期初数字を達成できる見込み。昨年は創業100周年を迎え、社内外で記念式典などを行った。記念事業のさまざまな取り組みを通じて社内の一体感を醸成でき、改めて取引先やOBとの強いつながりを感じる契機となった。次の100年に向けて一層の成長を目指したい」

 - 事業環境について。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る