インクジェット(IJ)プリンターを用いた塗布型有機ELパネル市場の開花が間近に迫っている。大手パネルメーカーは軒並み塗布型有機ELパネルを展示会で発表ずみ。装置、材料ともに高度化が進み、さらに材料を無駄にしないという近年の社会ニーズと合致し、塗布型市場への期待は高まるばかりだ。カギを握る塗布型材料は高分子系と低分子系が火花を散らすが、共通部分では互いに協力し、まずは塗布型市場の本格化を狙う。モニターなど中型ディスプレイから始まり、将来は本命の大型テレビで欠かせない技術になる見通しだ。続きは本紙で

発光材料を溶媒に溶かし、IJで吐出。乾燥工程を経て薄膜を形成する(住友化学提供)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る