塩化ビニル樹脂(PVC)の輸出価格が一段安となった。米中貿易摩擦の影響などによって、10月積み契約価格は中国向けが大幅に下がり、他地域向けとの価格差が拡大。高値のインド市場への売り込みが集中し、予定数量を売り切れないケースもあったようだ。こうしたなか、11月積みはインド向けが1トン当たり前月比40~60ドル安、中国向けが20~30ドル安で決着し、価格差は圧縮された。中国では今月からPVCの増値税還付率が見直され、従来より輸出しやすい環境になった。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る