塩化ビニル樹脂(PVC)の輸出価格が下落に転じた。米国品が一段安となるなか、米中貿易摩擦の過熱による先行き不透明感もあって、10月積みの台湾大手の中国向けは実質1トン当たり前月比100ドル安での決着となった。インド向けは50ドル安にとどまり、価格差が広がった格好。インドではモンスーンシーズンが明けたが、ルピー安が市場を冷やす要因となっている。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る