塩化ビニル樹脂(PVC)のアジア向け輸出価格が上昇を継いでいる。インドの需要は引き続き堅調。中国の需要は米中貿易摩擦の影響を受けているが、国内価格は年明け前後からほぼ変動していない。2月積み契約価格は1トン当たり前月比10~20ドル高の900~960ドルで決着し、3カ月連続の引き上げとなった。一方、日本の2018年輸出は前年を若干下回ったが、インド向けは30万トン台を維持し過去最多を更新した。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る