自動車業界の動きが激しさを増している。トヨタ自動車の豊田章男社長は「100年に一度の大変革期」と認識、前倒しで役員体制を刷新、未知の戦いに挑む覚悟を固めた。自動車は内燃機関を積んだ移動体から、自動運転が可能な電気で動く高性能コンピューターへ変わりつつある。開発の舞台は自動車メーカーよりも米ICT(情報通信技術)大手の方が脚光を浴びている。こうした変革期にはビジネスチャンスも生まれる。リチウムイオン2次電池(LiB)関連業界は「需要は旺盛、好調が続く」(三菱ケミカルホールディングスなど)。軽量化や燃費向上につながる新素材の開発も活発になる一方、東レや旭化成などは独自のデモカーを作り優位性を訴求している。タイヤやガラス、ブレーキ、塗料などマテリアルの多くが「モデルチェンジ」していく。


自動車各社は未来的なコンセプトカーでイノベーションを訴求(昨年の東京モーターショー)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る