夏の終わりに、気になっていた風呂場の黒かび退治に取り組んだ。次亜塩素酸塩、水酸化ナトリウムなどが配合された、いわゆる塩素系のかび取り剤を購入した。気になる場所にスプレーすると白い泡が出るタイプだ。30分ほど放置して洗い流す。効果は予想以上で、気分もすっきりした▼ならばと、やはり気になっていたスニーカーを下駄箱から取り出す。洗剤で洗うと、コーヒー牛乳色だった表面が元の白さを取り戻した。ついでに愛車も洗車して気が付く。日が暮れるのが早くなった▼8月の終わりから9月の初旬は、夏が終わる寂しさを噛みしめる。ファッションコーナーの展示は秋物に一新され、午後のゴルフ場には無数の赤とんぼが飛び交う。一方で、さまざまな方面から人事の知らせが届く時期でもある。知人の思わぬ異動の知らせに触れれば、夏を想う気分も吹き飛ぶ。充実した秋にしなければ、と思い直す▼安倍晋三首相は2日、来週に内閣改造を実施する方針を表明した。今年、令和という新たな時代がスタートし、来年にはオリンピック・パラリンピックも控える日本。一方で、米中貿易戦争など国際情勢は不透明さを一段と増しており、国内では団塊の世代が75歳を超え、いよいよ超高齢化社会に突入していく。この国の新しい未来を拓く人事が実行できるだろうか。(19・9・3)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

精留塔の最新記事もっと見る