6月に外環道(東京外かく環状道路)三郷南IC~高谷JCTが開通してほぼ4カ月。車に乗らない人や関東以外の人のためにすこし説明すると、東京都心から約15キロの環状道路が、湾岸エリアまで到達し、全区間の6割が開通したということだ▼千葉湾岸エリアと北関東各地が都心を通ることなくアクセスできるようになり、物流への好影響が出ている。本紙3日付「化学品物流特集」によると、タンクターミナルが多く集まる千葉湾岸エリアのタンクターミナルから関東各地への輸送効率が大幅に向上しているという。堅調な化学品需要を背景に全国の主要ヤードは満港に近い状況だというから、輸送効率向上の恩恵は大きい▼化学品物流に限らず、物流業界全般で大きな問題となっているドライバーの労働負荷の軽減や若手労働者不足の解消に向けても追い風になろう。交通の渋滞は単なる時間の浪費にとどまらず、安全・安心な業務のリスク要因にもなりうる。車の流れがスムーズになるのは、物の流れだけの問題ではない▼さて、道路はレジャーへ向かう自動車も走る。遊びに費やす体力を考えれば、できるだけ早く目的地に着きたい。埼玉や茨城などからディズニーランドへの所要時間もかなり短縮される。一家のドライバー役は出番が増えて、すこし気が重いかもしれない。(18・10・10)

新聞購読のご案内

PDF版のご案内

精留塔の最新記事もっと見る