「腸の奥からの健康を考える研究会」(座長・帝京平成大学健康メディカル学部の松井輝明教授)の研究活動の一環として、大妻女子大学家政学部の青江誠一郎教授(研究会委員)と帝人は共同で、スーパー大麦「バーリーマックス」の摂取による動物を用いた腸内発酵試験を実施し、その発酵性食物繊維が遠位結腸(肛門に近い結腸)に到達して、総短鎖脂肪酸濃度を増加させるとする新知見を得た。短鎖脂肪酸は腸内の善玉細菌によって産生され、全身の細胞の代謝を活性化するとされ、全身の健康と密接に結びついている。高β-グルカン大麦の摂取も短鎖脂肪酸濃度は増える傾向にあるが、これと比べバーリマックスの摂取が有意に高く、健康機能性が改めて実証された。研究成果は、学術誌「PLOS ONE」に掲載された。続きは本紙で

帝人が扱うスーパー大麦「バーリーマックス」

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る