大成建設のライフサイエンス分野のエンジニアリング事業が好調だ。今期はADC(抗体薬物複合体)薬剤プラントなど2件の大型案件のほか、バイオ医薬品プラント、原薬プラント、注射薬剤プラントなどを受注している。同社は医薬をコアとして、化粧品、ファインケミカルなどへとライフサイエンスに関する受注領域の拡大を目指しており、大型食品工場、再生医療施設などで実績を増やしている。今後も医薬品では、中分子医薬品プラントなど先端分野を狙うとともに、ロボットを活用した自動化製造ラインの提案を強めていく。続きは本紙で

サンフレッセ湘南工場の冷凍パン生地・冷凍ケーキ工場。建屋と生産施設一括で対応し生産ラインの自動化を実現

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る