大日本住友製薬は他家iPS(人工多能性幹細胞)細胞由来の再生医療向け細胞医薬品の量産を確立し、2019年度から人への投与が可能な体制を整える。大阪府内に今年立ちあげた細胞医薬工場で製造・品質の管理基準GMPに沿う生産体系を築く。同社の細胞医薬事業は京都大学と共同開発中のパーキンソン病治療などに加え、細胞や臓器を遺伝子操作をした「遺伝子治療」への応用が視野にある。その基盤技術にもなるとみて細胞培養・加工のノウハウを蓄積する。

大日本住友製薬が大阪府吹田市に立ち上げた再生医療・細胞医薬工場「SMaRT」での作業

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る