大日本住友製薬は昨年10月、創薬研究部門に大なたを振るった。新薬候補の化合物最適化や合成、薬理評価、動物実験など機能ごとに分かれる縦割り組織を改め、創薬テーマごとに各機能を集結する「プロジェクト制」を導入した。各プロジェクトはあたかも社内の創薬ベンチャーのような組織体で、旧態依然の企業体質にメスを入れる役割もある。予算と人事評価の権限を持つプロジェクトリーダー長を中心に新薬開発のスピードと研究者の活性化をねらう。 

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る