大日本印刷は、リサイクル性に優れるモノマテリアル(単一素材)包材の提案活動を強化する。2018年にポリプロピレン(PP)単一品、ポリエチレン(PE)単一品を上市し、このほど一部製品がASEAN(東南アジア諸国連合)域内で採用され、市販が始まった。海外の食品・パーソナルケア用品大手が25年をめどに100%リサイクル化を目指す動きを活発化させるなか、採用拡大を見込む。さらに一部フィルムをバイオマス由来品に置き換えるなどの組み合わせも提案。二酸化炭素(CO2)排出量削減の観点からもメリットを訴求していく。続きは本紙で

25年度売上目標が500億円のGREENPACKAGING

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る