大日本明治製糖は、業務用調味料事業として手がけている「ラクトマイスター」の市場普及に拍車をかける。製パン、菓子、飲料向けなどに乳製品需要が拡大する中で、乳酵母エキスを持つ特徴を生かして、ミルクやバター感をエンハンスできる機能を前面に押し出す。同製品使用による豊富なアプリケーションを揃え、需要業界の新製品開発のサポート、原料ミルクやバターを減らす低コスト化、付加価値化につながる提案を行いながら、採用案件の拡大を目指す。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る