大日精化工業は、環境対応型インキで食品包装などパッケージ市場に攻勢をかける。グラビアインキではバイオマス原料を採用した表刷り、裏刷り用グレードを揃え、トレーやシュリンク用のラインアップも拡充。一方、飲料ボトルのラベルなどには水性のフレキソインキも提案する。同社には生分解性樹脂を採用したフィルムと組み合わせた“オール環境対応”といえるパッケージ開発の実績もある。対応できる間口の広さを生かし、多様化する環境対応ニーズを取り込んでいく方針だ。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る