大日精化工業は、ヒドロキシポリウレタン(HPU)樹脂を採用したインキとコーティング剤を開発した。二酸化炭素(CO2)を原料とするHPUは同社独自の戦略素材。アプリケーション開発の一環としてメイン樹脂に採用した。インキはメチルエチルケトン(MEK)とトルエンフリーの溶剤組成で、側鎖に水酸基を有するHPUにより耐溶剤性も良好。コーティング剤はフィルムに塗工すると優れたガスバリア性を発揮する。環境負荷低減を実現する機能製品として提案を本格化していく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る