【大連(遼寧省)=但田洋平】中国7大石化産業基地の一角である大連長興島(西中島)石化産業基地の構想が具体化してきた。2021年の稼働を目指し、200万トンのエタンクラッカー計画が浮上。国有大手も参加する格好で、北米の出荷設備からの一貫チェーンを構築する。今秋には恒力集団の2000万トンの石油精製・石化一体化計画も始動を予定する。同地へは中国石油(CNPC)も移転予定と、国内屈指の石油・化学クラスターの輪郭がくっきりと見えてきた。


エタンクラッカーの建設や中国石油の移転予定地

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る