大阪ソーダは、蓄電デバイス向け独自材料の開発・実用化を推進する。低い結晶性とガラス転移温度を実現した電解質用ポリマーと低抵抗・高結着を両立した水系エマルジョンバインダーの提案を開始。リチウムイオン2次電池(LiB)や電気二重層キャパシター(EDLC)向けなどに早期事業化を目指す。同社では、すでに高導電性を有する単層カーボンナノチューブ(CNT)の量産体制構築に着手しており、積極的な取り組みを通じて成長基盤を強化・拡充していく方針。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る